日本で最難関の医学部受験!合格するためには予備校が必要か

医学部へ合格するために

医学部に合格するために、医学部予備校に通う方も多いですが、そのメリットについてご存知でしょうか?医学部受験を検討している方は、以下のメリットを確認しておきましょう。

医学部予備校に通うメリット

  • 受験に必要なカリキュラムがある
  • 志望校の出題傾向などの受験ノウハウが豊富にある
  • 仲間と講師とふれあい受験のモチベーションを維持できる
  • 自習室が設けられ、長時間集中して勉強することができる

勉強で大切なこと

医学部受験を合格したいなら、効率的に広範囲の科目の勉強する必要があります。しかし、勉強で上手く覚えられないという方も中にはいることでしょう。そんな方のために、これから医学部受験での勉強のコツをご紹介していきます。

医学部受験での勉強のコツ5つ

一冊の問題集を繰り返し解く

問題集は一度解いただけで次に進んでしまうという方も多くいますが、1回解いただけで定着するということはありません。記憶は繰り返すことで定着すると言われています。その為、問題集は1冊購入したなら、1度だけでなく最低でも3度は繰り返し解くようにしましょう。

数学を最優先で伸ばす

医学部受験は数学との戦いと言っても過言ではないです。実際、数学以外の教科で高得点とっていたという方でも不合格になったという話も聞きます。医学部受験に合格するためには、何よりも数学を最優先で時間をかけて勉強するようにしましょう。

過去問を徹底的にやりこむ

学校が試験に出す問題の傾向やジャンルは過去問で把握することが出来ます。その為、過去問を徹底的にやり込むというのも、医学部受験に合格する必勝法と言えます。志望校の過去問は最適でも3年分、出来るなら5年分は演習するといいでしょう。

生産性を意識して取り組む

ただ闇雲に勉強したところで学習したとは言いません。医学部受験に合格したいなら、生産性を意識して取り組むようにしましょう。具体的に言いますと、時間や教科をあらかじめ決めておき、その時間内で決められた範囲を勉強するというのが効果的な勉強法です。

勉強を習慣化する

勉強は強制的に行なうとモチベーションが低下し、学習意欲の低さから勉強しなくなるという最悪なケースがあります。自身で勉強する意識を持つということは難しいかもしれませんが、勉強を習慣化できるようにしましょう。一日中、3時間ぐらいの勉強時間をとれればベストです。

医学部受験に備えて予備校へ通おう!志望校に合格するために

勉強道具

医学部受験が難関な理由

現在、日本をはじめ、世界的にも医学部への進学が最も難関だとされています。そもそも、なぜ医学部受験がそれほど難しいのかというと、その受験方法に特色があります。まず、国立医学部を目指す場合、センター試験を受験する必要があります。それもただ受験するだけでなく、その試験で9割以上の点数を稼がないと合格ラインではないのです。その上、センター試験の後の二次試験で高得点をとらなけらばなりません。この二つの試験があるから、医学部での受験が最も難しいと言われているのです。

合格するには予備校へ

医学部に合格するためには、学力を身に付ける他ありません。その為、名古屋では医学部予備校に通う方も沢山いらっしゃるのです。医学部予備校は名前の通り、医学部へ合格するための学校であり、医学についての専門性が高いです。もちろん、医学部へ合格される方の中には、予備校に通わないという方もいらっしゃいます。しかし、医学部予備校に通うことで確実に合格率も高まります。もしも、医学部への進学を検討しているなら、医学部予備校を選んでみては如何でしょうか。

医学予備校に関する口コミ

無事に合格できた

去年、何の対策もせずに医学部に受験した結果、案の定落ちることになりました。そして、今年は1年間、医学予備校に通い、勉強に励むことで学力を鍛えました。いざ受験してみると無事に卒業することができ、本当に良かったです。(女性 21歳)

流石プロの講師

知り合いが通っているという理由で医学予備校に通うことにしたのですが、正直この学校に通って良かったと思います。去年は落ちて浪人しましたが、今年は医学予備校に在籍している講師のおかげで、難関校に合格できて満足しています。(男性 22歳)

同じ仲間が沢山

医学予備校には同じ目標をもった仲間が沢山いて、1年間充実した生活を送ることができました。また、仲間のおかげで何度も助けられ、受験も無事に終えることができました。1年間、この医学予備校に通って良かった。(女性 21歳)

独学じゃ学力アップできない

最初のうちは、独学で合格を目指していたのですが、親から勧められて医学予備校に通うことにしました。独学でも十分だと思っていたのですが、授業を受けてみるとやはりレベルが違い、この学校を選んで良かったです。(女性 20歳)

全教科に死角なし

医学予備校の評判を聞いて、学校を選びました。正直なところ、医学予備校に通うのは学費がかかり親からも反対されましたが、学校で1年間学ぶことでちゃんと難関校に合格できたので万事OKです。(男性 22歳)

湘南工科大学の情報を大公開☆ 浜松で家庭教師を利用しよう

広告募集中

名古屋の医学部予備校を紹介