不動産売却で驚愕の利益を叩きだそう|賢く売る

手の上の建築模型

物件を売却

お金

住宅ローンが残っている物件を売却するということは、本来の所有権がまだ債権者にある状態の財産を勝手に売却するということでもあります。そのため、任意売却を行うにあたって必要なことは債権者との交渉です。債権者に、競売ではなく任意売却によって返済ができないかお伺いを立てて、それが認められて初めて実行できるのがこの方法です。債権者の同意を得ることは、基本的には任意売却をしたほうが債権者にとっても金銭的メリットが大きいため基本的には認められやすいです。とはいっても、残債務があまりにも大きくて査定額と開きがある場合、何とかその折り合いをつける交渉が必要です。そのため、なるべく早い段階で限界を認めて交渉に移行するほうが良いです。なぜなら、競売の2日前までこの手法を利用することはできますが、交渉に利用できる時間が短ければ結局競売を回避できなかったということになりかねないからです。

任意売却を行った場合と、それを行わずに競売を行った場合と明らかに大きな違いとしてのしかかってくるのは残債務の扱いです。競売の場合、住宅ローンの残債務が売却価格を差し引いても残った場合、その返済は一括払いとして行うよう求められます。住宅ローンすら払うことができないのに、残債務を一括で払うということが出来るわけがないのは自明の理で、多くの場合そのまま自己破産になるケースを歩みます。しかしながら、連帯保証人がある場合はそう簡単に自己破産ができずに、にっちもさっちもいかない状況となることがあります。これに対して、任意売却の場合残債務が余ってもそれを分割払できます。よって、無理の無い返済プランを組み直すことができます。滞納が起こる前にこの手を打てば、家を残しながら信用情報にも傷を付けず、残債の返済を軽減できるという立て直しの道が開ける可能性が出てきます。