通信制高校に関する基礎知識!進学する方への道しるべ

学費が少なくても通える!通信制高校の魅力とメリット

通信制高校に関する基礎知識!進学する方への道しるべ

勉強

通信制高校ってどんなとこ?

通信制高校とは言葉の通り、通信による教育を行なう学校のことを指します。基本的に全日制、定時制の学校では、「卒業するためには3年以上の在籍期間を満たしている必要がある」と学校教育期間によって定めれています。しかし、千葉を含め、全国にある通信制高校には、そのような在籍期間ではなく、74単位取得することで卒業が認められます。

勉強道具

通信制高校の仕組み

千葉にある通信制高校では、課題のレポート、面接指導、学科試験などを通じて単位の取得を目指して行きます。通信制高校の中には単位制を採用している学校がほとんどですが、従来の学年制を採用している学校も存在しています。通信制高校へ入学する際には、どちらがご自身に適しているかを調べた上で決めるといいでしょう。

通信制高校のメリット5つ

黒板

自分のペースで勉強できる

通信制高校は全日制や定時制と比べて、毎日学校に行く必要もなく、決まった時間に勉強する必要もありません。このように自分自身の時間を多くとることができるので、好きな時間に好きな教科の勉強を行なうことができます。

授業料が安い

公立の通信制高校では、3年間通ったとしても、およそ10万円ほどの学費で卒業することができます。また、私立の通信制高校でも年間30万から90万円ほどの学費で済みます。通常の全日制や定時制よりも遥かに安い学費で卒業できるのも、通信制高校の魅力でしょう。

様々な人が集まる

通信制高校には、過去に不登校などを経験したことがある生徒や若い頃に高校を卒業出来なかった人など、様々な人が集まります。その為、学校にカウンセラーが在籍しているところもあり、精神的なケアも期待が出来ます。

魅力的なカリキュラムがある

全日制高校の場合には、どうしても大学受験の予備校的な役割があり、一般教科のカリキュラムで固定されていることが多いです。しかし、私立の通信制高校の場合、漫画やファッション、美容や調理などの専門知識を学べたり、実際に体験学習ができたりするところもあります。

単位制だから留年がない

千葉を含め、全国にある通信制高校は卒業するまでに74単位が必要で、その取得にかかる時間は全日制に比べて長い期間が設定されています。しかも、単位制なので留年に悩む心配もなく、不登校になるリスクを最小限に抑えることが出来ます。

広告募集中