不動産売却で驚愕の利益を叩きだそう|賢く売る

手の上の建築模型

ローンを払えない時の対策

困る男性

滞納3ヶ月で督促状が届く

住宅ローンが支払えなくなると、最終的に住宅を差し押さえられて競売にかけられることになります。競売の特徴は裁判所によって強制的に売りに出されてしまうことです。そして市場の相場よりも安い値段で売り出されることです。なぜ安く売り出されるかというと、早く売却してその売却益を債権者に還元するためです。競売に至るまでの流れは、住宅ローンを滞納すると銀行などから督促状や催告書が届きます。大体3ヶ月から6ヶ月滞納すると通知がきます。これによって分割払いの権利が失われて、一括返済することになります。一括返済できないと、銀行などの債権者が競売の申し立てを裁判所に申し立てます。これによって競売にかけられてしまうのです。

早めに任意売却をすること

競売に至るまでの流れを知っておけば、なるべく滞納しないように注意することができます。それでも支払が困難になった時は、競売の流れを工夫によって止めることができます。それは任意売却の手続きを取ることです。任意売却というのは自分の自由意思で住宅を売り出すことです。競売の流れを止めて任意手続きをとるためには弁護士に依頼することです。弁護士は銀行などに掛け合って任意売却の手続きを進めてくれます。任意売却のメリットは競売のように安く売らなくてすむことです。普通に売り出すのと同じですから、市場の相場価格で売ることができます。高く売れる場合もあります。また肉親や親類に売却することによって、そのまま住み続けることもできます。